小山組 会社案内小山組 業務の概要小山組 施工実績RC外断熱リンク集
Hi/R ハイパール工法

ハイパール工法のメリット

テスク独自の技術を結集させたRC外断熱「ハイパール工法」なら、結露、カビの心配をなくした暖かい部屋。アレルギーが発生しない安全な部屋。火災や地震に強い家。騒音や生活音の少ない家。そんな入居者が快適に安心して住まうことのできる理想のマンション、入居者が満足できる差別化された賃貸マンションを実現することができます。

しかも、ハイパール工法は外断熱工法の大きな課題だった低コスト化にも成功。マンションの常識を変えた収支と資産価値を実現しました。

メリット1【結露防止・省エネ 〜外壁が躯体を守り、壁面結露を防ぐ〜】

密着型通気工法をはじめとする独自技術を結集させた外断熱工法により、壁内結露や日射による熱応力から建物のコンクリート躯体の劣化を防止。また、外断熱工法の建物は外気温に左右されにくく安定した室内温度を保つため、冷暖房費を徹底的におさえる高い省エネ性能も発揮します。

メリット2【経済的で高耐久 〜低ランニングコストを実現〜】

ハイパール工法は、不要な壁を減らし、ハイ・ストールパネルを利用することによりイニシャルコストを大幅に削減する工法です。さらに、高エネルギー効率による快適性、耐久性など長い目でみるコストパフォーマンスを考えた低ランニングコストを実現します。

メリット3【心地よい室内環境 〜静かで快適な住環境を確保〜】

いくつもの住居が集まって暮らすマンションでは、音のプライバシーへの配慮も欠かせません。外部からの騒音や隣戸からの音を伝わりにくくするため、コンクリート壁と特殊耐火遮音間仕切りやハイ・ストールパネルを組み合わせて静かで快適な居住環境を実現しています。もちろん上下階も床スラブ厚を200mmを確保し、大幅に遮断します。

詳しくは・・・


ハイパール工法の特徴

ハイパール工法は密着型でありながら、通気層を設けるという独自の技術により、従来の外断熱工法の弱点であった、「高コスト」「内部結露」を解決! 経済的で耐久性が高く、健康・安全な鉄筋コンクリート造建物を実現しました。

密着型でありながら通気層を設けた独自技術独自の専用パーツ

  • 外断熱工法では一般的に「密着型」は非通気工法と認識されていますが、ハイパール工法は「密着型」でありながら通気層を持った独自開発の密着型通気工法です。
  • 通常「密着型」は通気層がないため、躯体であるコンクリート及び外装材と断熱材の間に結露が発生したり、日射による熱応力で外装材剥離がおこる心配もあるとされています。しかし、ハイパール工法は通気層を設けることにより「通気工法」のメリットである壁内結露を防止し、熱応力による外装材の劣化を防止することで、建物の耐久性を飛躍的に延ばすことを実現しました。
  • さらに、取り付けに複雑な金物を要しないので施工性が良く、型枠兼用となるため、他の通気工法(グラスウール外断熱工法)よりもコストが抑えられます。
  • 自社独自で開発したハイ・ストールパネル、DFパネルの外装材に通気層を設け、専用に開発された笠木、水切りにより新たな外断熱工法を完成させました。
詳しくは・・・



断熱複合パネル


「ハイパール工法」の、いわば心臓部といえる断熱複合パネル「ハイ・ストールパネル」。この当社独自の高性能パネルを帳壁に、そして耐力壁には押出成形セメント板と断熱材の複合パネル「DFパネル」を併用して高い断熱性を実現。
断熱・耐久性、そして省コスト性。マンション建設に求められる性能に新たな解答を出した2種の断熱複合パネルが、RC外断熱工法のマンションクオリティを物語ります。

ハイパール工法の施工例 ハイ・ストールパネル
DFパネル


◎一般の内断熱工法 ◎一般の外断熱工法 ◎テスクの外断熱工法

ページの先頭へホームに戻る